役員

■ 小野山亮(代表理事)

1969年生まれ。幼少期に父親が韓国に約7年の単身赴任をしたことを通じ、戦争と平和、民族などについて考え始めるようになりました。世界中にある数々の紛争、争い…何とか解決できないのでしょうか…政府でも国際機関でも、組織や団体でも、そして一人の市民でも、それぞれにできることがあるはず・・そんな気持ちから、これまで主に、平和、民族などの分野に関わり、市民としての立ち位置で現場に寄り添うような活動を行なうNGOの世界に身を置いてきました。アフガニスタンでは、平和教育や地域の人びとの平和の取り組み支援、市民・NGOの保護や国際支援に関する提言活動、医療保健や教育支援、市民社会の組織強化支援など、スリランカでは、内戦や津波からの復興・救援活動、ほか、少数民族・少数者のグループの住民運動支援、市民やNGOに関わる様ざまなテーマでの提言活動、NGOのネットワーク活動などに従事してきました。

過去の職歴:
「日本国際ボランティアセンター」(JVC)アフガニスタン事業統括
「WE21ジャパン」民際支援室事務局員
「NGO福岡ネットワーク」(FUNN)事務局員
「アジア太平洋資料センター」(PARC)スリランカ現地代表(ジャフナおよびコロンボ)(現在のスリランカでの活動の実施主体は「パルシック」(PARCIC))(個人ブログ「スリランカ・ピースレポート」
「反差別国際運動」(IMADR)国際事務局事務局次長。

過去の教職:「立教大学」兼任講師。全学共通カリキュラム「民族紛争と平和」(平和への具体的な取り組みのために)担当。2011-2015年度(各年とも前期)

■ 加藤真希(理事)
日本国際ボランティアセンター(JVC)アフガニスタン事業担当。大学時代にJVCにて調査研究インターン。卒業後、メキシコにて、先住民族地域でのフィールドワークを行う地域開発学を専攻、また都市部のスラム地域で活動する現地NGOに就職し、ボランティアコーディネータを務める。帰国後の2012年5月よりJVCにて現職。

■  清水研(理事)
開発コンサルタント。ビコーズインスチチュート株式会社ディレクター。南アジアおよびアフリカで、主に紛争影響地での平和構築アセスメント、行政官研修業務、農村開発事業に関わる。専門領域は環境社会学、プロジェクト・マネジメントほか。日本国際ボランティアセンター(JVC)理事。WE21ジャパン理事。一般社団法人「森のきょうしつ」代表理事。

■  池田未樹(監事)
税理士。池田未樹税理士事務所所長。大学卒業後、塾講師や税理士事務所スタッフとして勤務。2011年には震災後のニュージーランド・クライストチャーチにてインターンとして働く。2012年より経理として日本国際ボランティアセンター(JVC)の活動に参加。2014年からイラク事業担当として現地NGOのINSANとキルクークにて子どもたちの平和教育活動に関わる。市民ネットワークfor TICAD、NGO安全管理イニシアティブ(JaNISS)、アーユス仏教国際協力ネットワーク各団体監事。