🌟クラファン本日11/30まで!🌟平和人列伝〜平和村村民の巻〜🌟 Part 5 小池絢子

皆さま、こんにちは!平和村ユナイテッド「アフガニスタン緊急‐戦闘で親を亡くした子どもたちに平和を!」キャンペーンチームです!

平和人列伝〜平和村村民の巻〜☆では、平和村村民(平和村ユナイテッドの有志ボランティア)が、本クラウドファンディングにかける思いを語ります!

今回は、「きっかけ」「あたたかい交流」「思いを寄せる」「2人の兄弟」というキーワードで、小池絢子(こいけあやこ)が語ります!

……………………………………………………………………………………………………………………….

こんにちは。小池絢子と申します!神奈川県のNPO法人WE21ジャパンで働きながら、平和村ユナイテッドにも、『村民』ことボランティアとして参加させて頂いています!

⭐国際協力活動に関わることになったきっかけ

実は私が国際協力に関わりたいと思った最初のきっかけはアフガニスタンでした。高校生の時に9.11が起き、当時はその影響で沖縄の修学旅行が中止になって残念だなぁ…なんて呑気に考えていました。ですが、翌年に緒方貞子さんのお話を聞く機会があり、私がそんな呑気な事を考えていた裏側で、「テロ」との戦いの名の下に、多くのアフガニスタンの方たちが傷つけられ、難民となっていることを知り、何も知らなかった自分がとても恥ずかしくなりました。そしてその時に緒方さんの言われていた、「国際協力の世界にもっと日本の若い人が関わってほしい」この言葉が後押しになり、私も何かできることがしたい!と思ったのが、国際協力活動に関わるきっかけになりました。

その後は大学で国際人権NGOの学生団体で活動をしたり、海外の大学院にも進んだりもして、国際協力に関わりたいという思いを募らせていました。

そんな私にとって大きな転機になったのが、大学院卒業後の2012年に参加させて頂いた、日本国際ボランティアセンター(JVC)でのインターンでした。主にパレスチナ事業に関わらせて頂く中で、現地の人々が問題解決のために、前を向いて一歩一歩歩んでいく姿に、大きな希望を見いだすことができました。それから、現在の仕事に就くことができ、世界各地の人々が力を付けて問題を解決するのを支える仕事を続けています。

⭐アフガニスタン、平和村ユナイテッドとの関わり

国際協力への道のきっかけにもなった、アフガニスタンを応援するきっかけとなったのは、JVCアフガニスタンボランティアチームへの参加です。

2012年のインターンの時に、同じ年にスタッフになられた、小野山さんや加藤さんが、JVCアフガニスタンボランティアチームをこれから盛り上げていこう!とされていたのを見て、私の今の道のきっかけにもなったアフガニスタンの応援ができる!と嬉しくなって参加をしたのがきっかけでした。それから、現地のスタッフの方たちと交流をしたり、アフガニスタンを楽しく知ってもらうためのイベントをしたり等、楽しく関わらせて頂き、9年近く参加をさせて頂いています!

また現在のお仕事でも、アフガニスタンに関わらせて頂きました。私たちの団体、WE21ジャパンでは、JVCのアフガニスタン事業への募金活動「アジアともだちみらい貯金」の活動を行っており、この活動に担当者として関わらせて頂きました。この活動の中でも、カウンターパートのYVOのスタッフ、サビルラさんやアジマールさん達とあたたかい交流を行い、顔と顔の見える関係を築いてきました。

平和村ユナイテッドでも引き続き、ボランティアとして関わらせて頂いています。アフガニスタンの現地の人々の発案で生まれた、平和へのアクションを引き続き応援したいと、微力ながら参加をさせて頂いています。

▲日本からアフガニスタンへ思いを寄せるピースマーチ

⭐クラウドファンディングについて

今回のクラウドファンディングでは、皆様から頂いたご支援で、戦闘で親を亡くした子どもたちへ、食料購入のための現金配布と平和教育を含む教育と精神的サポートを行います。

この支援が行われることを聞いて、私は2人の兄弟の姿を思い出していました。

5年ほど前に、YVOが教育支援を行なっていた支援地の兄弟、ザビルラー君とラーマツラー君は、父親をテロで失い、とてもとても暗く、悲しみと怒りを湛えた目で、「僕たちは将来兵士になるんだ。そして父さんを殺した奴をやっつけてやるんだ」と、とても悲壮な夢を語っていました。私はこの姿に、教育だけで本当にこの子たちの悲しみ、絶望を癒すことができるのか…と胸が痛くなったのを覚えています。

だからこそ、こうした子どもたちをダイレクトに支えることができる、この支援が企画された事を、本当に本当に嬉しく思いました。

先行して行われた支援を受けた、戦争遺児の子どもたちの心からの笑顔が、この支援の必要性を表していると思います。子どもたちが絶望でも悲しみでも怒りでもなく、前を向いて未来を歩めるために、ぜひ皆さんのご支援をよろしくお願いします!

……………………………………..

 

⭐アフガニスタンに平和を!絶対にあきらめない!どうか、こちらより緊急アクションへのお力添えを!ユナイト!https://syncable.biz/campaign/2022/