ピースアクションプロジェクト始動!~パキスタン・ユースの平和ディベート大会(2020/2/18)

計4回(第5回目は近日開催予定)に渡るワークショップを終えて、パキスタンのユース・ピースアクション・プロジェクトがついに始動しました!
ユースたち自身がこれまでのワークショップで地域が抱える様々な問題をもとに考案した、アクションを実施し、平和の実現に貢献します。

 

アクション1:ピースディベート大会!

第1回目はピースディベート大会です!ペシャワール大学経済学部の場をお借りし、3つのトピックをもとに、グループに分かれた青年たちが、さらに賛成と反対の立場に分かれ真剣な意見をぶつけあいました!

 

 グループA テーマ:FATA(連邦部族直轄地域)の隣州への合併に伴う問題

FATA(連邦直轄部族地域)・・・なんともいかつい名前です。アフガニスタンと隣接するパキスタン国内の地域名です。多くの武装勢力の拠点となってきた地域でもあります。アフガニスタンとの国境地帯という要衝。地域の行政責任者が広範な権限を有し、通常の国内法や司法権が適用されず、部族全体の集団責任も問えるとされていました。長年の人びとの要求を受け、ついに昨年2018年、FATAは隣接州(州都ペシャワール)に編入され、この地域の人びとも他の地域と同様の権利を享受できることになりました。画期的な出来事です。絶え間なく続いてきた戦闘による多大な犠牲と被害、他地域と違う扱いなどからくる強い怒り、不満などから暴力的な過激主義の影響を受けるのを防ぐ必要があります。

(こちらも参照:「FATAを知っていますか?日本人のほとんどが知らない、世界で最も紛争に苦しむ地域の一つ」 https://www.facebook.com/peacevillageunited/photos/a.2242578739159383/2416489578434964/?type=3&theater

今回のディベートでは、合併の賛成派の要点は、FATAで暮らす人々が自立し選挙も行うことができるようになったことなど、人々がそれぞれ権利を持ちビジネスも始められるようになった、また健康や教育の観点からもよい影響がある、といったものでした。それを受けて反対派は、集団責任を可能にしているFCR(Frontier Crimes regulation:辺境犯罪規則)は廃止されるべきであり、人々の権利は認められるべきであるが、FATAの合併は正しい判断とはいえず、正常な政治システムがまだ実現していない点を指摘しました。

 

グループB テーマ:政治における女性の役割とは

賛成派の意見では、①議会に代表としての女性が加わることの重要性、②女性を正当に評価すべきである、といった主張がなされました。中でも①に関し、女性が議会に入ることで声をあげやすくなり、女性にとってよくないものを廃止し、女性たちが自分たちの権利を主張したり、自信を持ったりすることができるようになる、と主張しました。一方の反対派は、イスラム教の観点から、女性の役割として家庭における両親や子どもたち、夫の面倒を見る立場が重要であり、政治参加は認められていない、という意見を述べました。

 

グループC テーマ:イギリスのEU離脱問題

賛成派の意見では、イギリスがEUを離脱することによって得られるメリットを国家主権、国際問題への関わり、漁業などの産業の観点から、話がなされました。それに対し反対派は、彼らが持っていた自由貿易へのアクセスが失われてしまうことによる交渉力の低下など、ビジネスの観点からデメリットを挙げるなど、白熱した討論が交わされました。

以上のディベートを通して、討論の勝者にはペシャワール大学経済学部長からの盾と賞状が贈られました。ユースたちも最後にはお互いの立場を認め合い、大会は締めくくりとなりました!

ペシャワール大学経済学部長からの表彰です!おめでとうございます!

最後はピースカードとともに!