🌟平和人☆発信!-「ナンガ」(アドボカシー)研修!女性たち!

⭐ 地域の人びとそれぞれがアドボカシーを行っていくための能力強化研修を実施!🌷参加者が女性たちからなる研修もありました!

「アドボカシー」という言葉には、発信・啓発・提言・キャンペーン活動などの意味が含まれますが、アフガニスタンの現地では、ننګه(Nanga)という言葉が使われることがあるそうです。とても興味深い!(前回のご報告→https://pv-u.org/2021/07/15/1-7/1523/)

こういった集まりへの女性の参加自体が極めて難しく、実施が困難な地域も多く、可能だった実施でも、現段階では、参加者が極めて限られているような状況です。ある地域では、参加者は主に主婦。全員が非識字です。一方で、別の地域では、教員、学生、助産師、マドラサの学生からなる女性たちほかが参加しました。

女性たちの研修では、夫、義母、義姉などからの物理的・精神的な暴力や、十分な食べ物や服が止められるなどの虐待があること、女性たちが尊重もされていない状況、抑鬱状態にもなり、本来、女性が果たしている責任も感じられないなど、女性たちの置かれた過酷な現実も共有されました。

女性たちからは、長く続く戦争と暴力、それに伴う不安定な政治的・経済的状況が、女性に特に大きな影響を及ぼしているが、平和構築における女性への考慮が少なく、女性たちにより注意を払うべきできあるとの指摘がなされました。また、女性たちには暴力をなくす大きな役割があること、平和な社会のために、自分自身や社会の女性全体に、より注意を払う必要があることについての発言がありました。また、平和は自然にやってくるものではなく、それに向けて働きかけていくべきものだという発言、また、研修の学びを実行に移すこと、沈黙しないこと、一歩でも踏み出すこと、などについての発言もあがりました!

🌟過酷な状況で声を上げる人たち!すごいっ!皆が「平和人」!平和人☆発信!☆ユナイト!