🌟生徒たちのストーリーズ~厳しい女性教育制限下の「女性たちの学校」

◎私は(当時)8年生で、今年、10年生のはずでした。しかし不幸にも、私たちにはそれは許されません。過去2年間、とても悪い状況を過ごしました。私はたくさんの夢を持った学校でトップの生徒でしたが、不幸にも、1日ですべては終わってしまった!(そして、あるきっかけでこの学校に通うことを決めた。)最初の週、私の気分は日に日にフレッシュになるのが分かり、両親は、この変化を見た時、とても興奮しました。この学校を見つけて私は本当に幸せ。この学校を決して去りません。卒業してもここに来ます。

◎その少女はクラスでトップの生徒でしたが、学校に通うのが禁止された後、全ての希望を失ってしまい、痙攣が起こるようになっていました。医師からは生活にいくつか変化を見つけるべきだと言われました。そして、あるきっかけでこの学校に通うことになりました。この学校に来るようになってから、ストレスや痙攣の徴候はありませんでした。

涙…そして希望。この「学校」は確実に希望をもたらしています。

アフガニスタンにおける厳しい女性教育制限下の「女性たちの学校」。「地下学校」などといわれることもあります。大変な決意の下での運営、通学です。当団体ではこうした学校に連帯し、サポートする活動を行っています。https://syncable.biz/campaign/4818

決意を持って行動する現地の仲間たちとともに、引き続き、困難を乗り越え、この活動を進めてまいります。United for Peace.

🍀Dear Friends in Afghanistan. At this critical time, we stand by you. You are not alone. We are All United for PEACE! 🌷

🌟生徒たちのストーリーズ~厳しい女性教育制限下の「女性たちの学校」

アフガニスタンにおける厳しい女性教育制限下の「女性たちの学校」。「地下学校」などといわれることもあります。大変な決意の下での運営、通学です。当団体ではこうした学校に連帯し、サポートする活動を行っています。https://syncable.biz/campaign/4818

この「学校」に通う生徒の中には、現地激変の中、性的暴行を受け、何度も自殺を図ったという女の子たちもいます。きっかけがあってこの「学校」に通うようになりました。あるとき、名前を伏せて自分のことを書いたことがあり、探してこの女の子たちが分かったため、仕立や手工芸を学べるように励ましたのだそうです。その後、自分の費用は自分で支払うことができ、また今は、家で生徒を持っているそうです。そして、学校科目も学ぶようになりました。修了したら家でクラスを開くのだと話したそうです。

涙…そして希望。この「学校」は確実に希望をもたらしています。決意を持って行動する現地の仲間たちとともに、引き続き、困難を乗り越え、この活動を進めてまいります。United for Peace.

🍀Dear Friends in Afghanistan. At this critical time, we stand by you. You are not alone. We are All United for PEACE! 🌷

🌟アフガニスタンでの活動についてのお知らせ

このたび、アフガニスタンでの活動パートナー団体「Your Voice Organization」(YVO)とのパートナーシップを完了し、協働実施の「アフガニスタン・ピースアクション!‐平和教育と地域住民による平和の取り組み支援‐」「アフガニスタン・ピースセンター!-戦闘で親を亡くした子どもたちに平和を!-」の活動(クラウドファンディング実施時(完了済み)のサイトはこちら)を、それぞれ、今月3月末、翌月4月末に完了いたします。
活動報告につきましては、活動完了後も、状況などに応じて、行ってまいります。

これら活動は、現地の住民の皆さまによっても多くの部分で主体的な活動実施がなされているものであり、今後、住民の皆さまによるこれら活動の何らかの形での継続を期待しております。

極めて厳しい現地状況下でこれら素晴らしい活動を実施したYVOに、また当団体もこれら活動に関われたことに、深く、深く、感謝しております。
これまでお力添えをいただいてまいりました皆さま、誠に、誠に、ありがとうございました。深く、深く、感謝申し上げます。

上記パートナーシップによる実施ではない、厳しい女性教育制限下での「女性たちの学校」の活動(クラウドファンディング実施時(完了済み)のサイトはこちら)については、継続してまいります。

🌟戦闘で親を亡くした子どもたちのストーリーズ:「私たちは、奪われた人びと…(ピースセンターが)また始まってほしいです。」

🌟戦闘で親を亡くした子どもたちのストーリーズ:今回も、活動に参加した子どもからの言葉をご紹介いたします。涙💧…そして希望🌷

「まずは、ピースセンター、本当にありがとうございます。まわりのほとんどの人たちは自分たちのことを気にかけてくれません。自身の喜びの世界に生きています。自分たちに思いやりを示してくれた唯一の団体は、この活動をしてくれた団体でした。皆が、あなた様方を祝福しますように。

自分は父親がいない子どもです。ほとんどの人たちには自分たちの気持ちを理解するのは難しいです。小さいときにお父さんを亡くしました。お母さんと暮らしています。近い親戚が自分たちに食べ物や服を渡してくれます。けれども、親戚は自分たちに生き延びるための食べ物を渡してくれますが、十分でなく、望む食べ物ではありません。親戚には自身の子どもたちがいて、自身の責任があります。責めるなんてすべきではありません。

ピースセンターの活動は素晴らしかったです。自分たちのためのお金、教育、愛があって。お金をもらった時、お母さんが食べ物を買いに行ってくれました。自分が好きないくつかのフルーツも含めて。長い間、フルーツを買ってほしいとお母さんに頼んでいたのですが、買うことができませんでした。そして、とうとうです。私はフルーツを食べました。とっても楽しみました。

この支援は私たちを助けてくれました。お金を、楽しみを、そしてピースセンターでの教育を得ました。でも、期間は短くて、すぐに終わってしまいました。私たちは、奪われた人びと。愛を受けたことがありません。ほしいものを得たことがありません。でも、いずれにせよ、ピースセンターに入ってから、気分はよくなりました。また始まってほしいです。」

🌟アフガニスタンで実施している戦闘で親を亡くした子どもたちに寄り添う活動。この活動に参加する子どもたちの父親は、敵対していた様ざまな主体・勢力の戦闘員・構成員や一般市民を含んでいます。こうした子どもたちに寄り添い、食料費や、過去には希望家庭にミシンを提供し、そして、平和教育・一般教育、精神的サポートを行う「ピースセンター」の運営を実施しています!この活動はいったん完了しましたが(活動概要:https://syncable.biz/campaign/2022 )、23年5月より再開しています!

涙…そして希望

平和をつくる人たちがいる。United for Peace!

🍀Dear Friends in Afghanistan. At this critical time, we stand by you. You are not alone. We are All United for PEACE! 🌷

🌟戦闘で親を亡くした子どもたちのストーリーズ:「いかに隣人と平和に生きるか、いかににあきらめないかについて学びました。」

🌟戦闘で親を亡くした子どもたちのストーリーズ:活動に参加した子どもからの言葉です。涙💧…そして希望🌷

「まずは、いただいたサポート、本当にありがとうございます。自分がこういう平和活動の一部であったこと、うれしいです。お父さんを亡くしてから、生きる中での困難に直面しています。親戚でさえ私たちを支援してくれません。姉が仕事を得ることを望んだものの、女の子に仕事の機会はありません。そして、治安状況がとても悪かったです。自分は都市で働けるような年齢ではありませんでした。すべての扉が自分たちの前で閉じられていました。

生き延びるために親戚からお金を借りました。けれども、すぐに尽き、二度、三度はもらえません。自分たちは、ただ、アッラーにお助けいただけるようお祈りしました。お祈りを聞いていただけたと思っています。自分はピースセンターに入りました。ピースセンターは、よい、リラックスできる場所でした。愛や友情があって。家族の食べ物のためのお金があって、家族の食べ物について心配する必要はありません。6か月の期間、定期的に参加しました。

センターにいた間、素晴らしい日々となりました。お金の支援と加えて、モラル活動をしてもらいました。孤児・遺児を気にかけてくれることのない地域で、いかに生きるかを学びました。ピースセンターを通じて、いかに隣人と平和に生きるか、いかにあきらめないかについて学びました。

自分にはそれで十分。先生を自分の兄として尊敬しています。

こんなに大きな助けをくれて、この活動をしてくれて、ありがとうございます。」

🌟アフガニスタンで実施している戦闘で親を亡くした子どもたちに寄り添う活動。この活動に参加する子どもたちの父親は、敵対していた様ざまな主体・勢力の戦闘員・構成員や一般市民を含んでいます。こうした子どもたちに寄り添い、食料費や、過去には希望家庭にミシンを提供し、そして、平和教育・一般教育、精神的サポートを行う「ピースセンター」の運営を実施しています!この活動はいったん完了しましたが(活動概要:https://syncable.biz/campaign/2022 )、23年5月より再開しています!

涙…そして希望

平和をつくる人たちがいる。United for Peace!

🍀Dear Friends in Afghanistan. At this critical time, we stand by you. You are not alone. We are All United for PEACE! 🌷

🌟戦闘で親を亡くした子どもたちに平和を!‐ラマダン明けのイードの祝祭に‐

🌟ここはアフガニスタン。敵対する様ざまな主体・勢力の戦闘員・構成員や、一般市民の父親を戦闘で亡くした子どもたちがいます。ラマダン明けのイードの祝祭では、ほとんどの村人が新しい服を着ますが、こうした子どもたちはそうではありません。

🌟そこで、地域の人びとの発案・実施により、こうした子どもたちに、服を仕立てるための生地の提供と精神的なサポート活動を行いました!子どもたちは、イードのための文具や新しい服をとても喜び、興奮していたそうです!ラマダン月に新しい服を持つこと、楽しみやモラル活動があることを予想していなかったと話したとのこと!11歳のある子どもは以下のように語りました。

🌟「近所の子どもたちはいつも新しい服を着ているけれど、自分はそうではない。来たるイードに買ってくれるようお母さんに言ったけれど、お母さんは自分のお願いに応えてくれるのを避けた。お母さんは優しいと思うけれど、お金がないのを知っている。このセッションに参加して本当に幸せに感じる。このセッションで、新しい服、幸せ、楽しみを見つけた。」

涙…そして希望。

🌟当団体では、現地の人たちとともに、こうした子どもたちに寄り添い、社会にある暴力や復讐、その連鎖、生活困窮から守るため、生活支援や、平和教育・一般教育、精神的サポートを行う「ピースセンター」の運営を実施しています。今回ご紹介の活動は、これとは別途に、人びとが平和や平和活動について学び合い、自らの発案・実施で、何らかのピースアクションを行うという、もう一つの活動の中で実施!

🌟子どもたちは、その後、無償で服を仕立ててもらったとのこと!精神的なサポートの活動としては、記憶の苦痛を緩和し、トラウマを癒すために、絵を描く活動を、そして、元気づけるための楽しいこととして、ボールを使ったゲームも実施!上記にあるように、異なる背景を持った子どもたちが集い、ともに遊びました!

🌟平和をつくる人たちがいる。そこにある希望。United for Peace.

🍀Dear Friends in Afghanistan. At this critical time, we stand by you. You are not alone. We are All United for PEACE! 🌷

🌟平和村スポーツ!(平スポ!)(アフガニスタン総局発!)

🌟大変!大変です!「平和のためのスポーツ!」として、クリケットの試合が!戦闘、暴力に苦しんできた地…なんと、そんな場所でのこのアクション!すごい!平和をつくることはできる!United for Peace!

🌟アフガニスタンでは、人びとが平和や平和活動について学び合い、自らの発案・実施で、何らかのピースアクションを行う活動を行っています!今回のアクションもその1つ!

🌟地域の青年たちは、さまざまな形の紛争や暴力(家族の問題や治安の問題など)を経験している地域で、積極的な寛容の心を促進したいと考えたのだそうです!

🌟この地域も、様ざまな主体や勢力が入り乱れて戦ってきた戦闘地であり、人びとも様ざまな背景を持っています。人びとが一つになって平和的な活動を行うことは大きなピースアクション!

🌟また、現地激変を受け、多くの青年たちが意欲を失い、将来への希望がないとのこと。国を離れる決意をした青年すらおり、ドラッグ依存症になっている青年もいるのだそうです。こうした青年たちを平和な暮らしに向けて励ます必要もあるとのこと!

🌟チームはこの地域の二つの村からとなり、多数の人びとが集いました。勝った側のチームにはトロフィーとメダルの授与!地域の人びとからも当活動パートナー団体スタッフにターバンと帽子が渡されました!

🌟当活動パートナー団体からも、この素晴らしい取り組みへの感謝が述べられ、地域のためにより多くの平和に関する活動を行うことが促されました!

🌟平和をつくる人たちがいる。そこにある希望。応援しています!United for Peace.

🍀Dear Friend in Afghanistan. You are HOPE, building your own communities & peace. You are not alone. We are All United for PEACE! 🌷

🌷「ピース・ジャーナル」!(アフガニスタン)

🌷「ピース・ジャーナル」!ここはアフガニスタン。平和に関するトピック(エッセイや詩など)を書いて村の公の場に掲示する「ピース・ジャーナル」の活動が実施されました!戦闘、暴力に苦しんできた地…なんと、そんな場所でのこのアクション!すごい!平和をつくることはできる!United for Peace!

🌟アフガニスタンでは、人びとが平和や平和活動について学び合い、自らの発案・実施で、何らかのピースアクションを行う活動を行っています!今回のアクションもその1つ!

🌟31人の青年が参加。多くは学校の生徒と教員です。過去に、平和に関する本を読み、心を開き、自身で考え、内容を議論する「ピース・ブッククラブ」の活動を行ってきた地域。平和は地域の人びと自身がつくっていくものであり、活動地各地で、その地域の平和活動担当者がその地域での平和活動を担っています。本はそうした地域の平和活動担当者である青年リーダーの一人の自宅に保管され、村の人たちが借りることができる「コミュニティ・ライブラリー」のようになっています!

🌟今回、この地域の村人たちは、平和に関するトピック(エッセイや詩など)を書いて村の公の場に掲示する「ピース・ジャーナル」の活動を実施することを決めました!まずは、平和活動担当者のゲストハウスにて行われました。

🌟これまでの「ピース・ブッククラブ」の本を保管する本棚とあわせ、「ピース・ジャーナル」活動に寄せられた平和に関するトピックを掲示するためのスペースを備えた備品をつくって設置することとなりました!

🌟今回、参加者から以下のように平和に関するトピックの共有が行われました!

◎ブッククラブの本をよく借りに来る人は、参加者に日常的に読み書きをすることを促し、以下のように話しました!「本を読むことで、より容易に、世界とつながり、人びとの行動や振る舞いを理解することができる。」

◎平和に関する詩を共有する参加者もいました!詩の言葉の中で、「戦争はうんざり、平和がほしい」ということが話されました!

◎「イスラムの観点での時間の重要性」について共有する参加者もいました。「私たちの時間は短く、時間を無駄にするべきではない」と話しました!

◎「許しと寛容」について共有する参加者もいました!

◎「平和とスポーツ活動への青年の関わり」について共有する参加者もいました!

◎「尊敬、正直、他者を助けること」について共有する参加者もいました。

◎また別の参加者は、参加者に、他の人たちと幸福を共有することを促しました!このようにして、私たちはよい人間になれると!

🌟村人たちからは、平和に関するトピックが毎月寄せられ、継続して実施されていきます。可能であれば、また人びとが望めば、ピース・ジャーナルを近くの学校やマドラサ(宗教学校)など別の場所に移していく予定です。

🌟この活動の責任者2人が、村人からトピックを集め、トピックは、平和活動担当者の確認の後、ピース・ジャーナルに掲示されることになります。村人にも平和のメッセージが伝わることになります!毎月、村人から約20の平和に関するトピックが集められることが合意されました!参加していた教員たちはボランティアでの協力を表明し、トピックに関して困ったことがあれば助けることができると青年たちに話しました!

🌟戦闘、暴力に苦しんできた地…そんな場所でのこのアクションはすごいことです!平和をつくる人たちがいる。そこにある希望。応援しています!United for Peace.

🍀Dear Friend in Afghanistan. You are HOPE, building your own communities & peace. You are not alone. We are All United for PEACE! 🌷

🌷平和人列伝~ピースアーチストの子どもたち!の巻🌷

🌟大変!大変です!子どもたちがピースアート!!なんとステキな写真!

🌟ここはアフガニスタン。紛争、戦闘、様ざまな暴力に苦しんできた地域。そして、地域の人びと、子どもたちにも、深い傷が…そうした中、活動地各所で、ピースアートの活動が行われました!

🌟紙や色鉛筆などの文房具を提供。自身が考える平和について表現します!さらにこの活動は、紛争に直接苦しんでいる子どもたちに、その苦しみから逃れてもらうものともなっています。参加者はお互いに絵を見せ合い、何を書いたか伝えました!

🌟平和をつくるのは草の根の人びと。もちろん子どもたちもです!応援しています!United for Peace.

🍀Dear Friend in Afghanistan. You are HOPE, building your own communities & peace. You are not alone. We are All United for PEACE! 🌷

🌟応援ありがとうございました!🌟アフガニスタン緊急:「女性たちの学校」にユナイト!クラファン完了!

🌷⭐応援ありがとうございました!🌟🌷クラウドファンディング「アフガニスタン緊急:「女性たちの学校」にユナイト!-女性教育制限下の「学校」という決意、希望-」10月31日をもって完了いたしました!応援いただきました皆さま、誠にありがとうございました!

⭐ 🌷クラファンサイトを通じ、 87名の方/団体さまから1,101,564円のご寄付を、クラファンサイト以外からの形で、230,664円のご寄付をいただきました!また、ご提出させていただいた申請書のご承認に基づく、500,000円のご助成をいただきました!誠に、誠に、ありがとうございました!

🌟そして、皆さまからいただいた応援メッセージ、様ざまなサポートに、大きな、大きな、力をいただいております! 本当にありがとうございました!

🌟厳しい女性教育制限下、それでも学びたい!という女性たちが通う「地下学校」ともいわれる「学校」!何という「決意」!何という「希望」!この厳しい現地状況下で、当団体としても、いったい、自分たちに何ができるのか、自分たちの方でも活動をどう運営していくのかと、深く悩みました。しかし、この「決意と希望」に心打たれ、この活動を実施することにいたしました!⭐皆さまのお力添えが、活動の実施を可能にしてくださいました!🌷

⭐活動はまだ始まったばかり。現地状況を考えると、まだまだ、チャレンジは続きます。しかし、この「決意と希望」により、困難があっても乗り越えられると信じています!そして、それがまた、社会を変えていくことを信じています!

⭐まだまだチャレンジは続く!皆さま、引き続き、応援のほど、どうぞよろしくお願いいたします!

⭐重ねまして、このたびは、応援、本当にありがとうございました!!ユナイト!🌟

🌷Dear Friends in Afghanistan. At this critical time, we stand by you. You are not alone. We are All United for PEACE!🍀

🌟クラファン10/31まで!「決意と希望の学校」にお力を!

🌷🌟クラファン本日10/31まで!現時点で目標額の約60%!どうか皆さま、「決意と希望の学校」にお力を!  https://syncable.biz/campaign/4818

🌟女性に対する権利制限が次々となされるアフガニスタン。女性教育は中高等教育が無期限停止。厳しい制限下、それでも学びたいという女性たちが通う「地下学校」ともいわれる「学校」!「決意と希望の学校」!どうか皆さまのお力添え、よろしくお願い申し上げます!

🌟当団体の活動にボランティアで関わってくださっている皆さま(「村民」と呼ばせていただいております!)、「女性たちの学校」にユナイトいただきました!手をつないで@オンライン!ありがとうございます!

🌟クラファン本日10/31まで!どうか、どうか皆さま、お力添え、よろしくお願い申し上げます!United for Peace!

🌷Dear Friends in Afghanistan. At this critical time, we stand by you. You are not alone. We are All United for PEACE!🍀

🌟クラファン10/31まで!シェア&リポスト祭り!🌟「女性たちの学校」!

🌟女性に対する権利制限が次々となされるアフガニスタン。制限違反とされた人たち、また制限に抗議する人たちやその家族・親せきになされる勾留や激しい暴力などの報告もあります。女性教育は中高等教育が無期限停止。極めて厳しい制限下、それでも学びたいという女性たちが通う「地下学校」ともいわれる「学校」があります!何という決意!そして、もたらされる希望!応援したい!

🌟こうした「学校」に連帯し、サポートするためのクラウドファンディング実施中!こちら!→https://syncable.biz/campaign/4818 10/31まで!目標額130万円!現在、その約55%!なんとか100%を達成したいです!

🌟そんな私たちの思いに共感してくださる皆さま、どうかぜひ、以下の要領で、応援お願いいたします!

⭐10/30の12時-22時の間に、FBとX(旧ツイッター)での投稿のシェア&リポストをお願いいたします!日時を決めて行うと盛り上がるという企画です!投稿をシェア&リポストいただく際は、ぜひ応援のメッセージも一緒に投稿していただけるとうれしいです!この日時が難しい場合でも、本企画とは別に、ほか日時でもぜひ!

こちらクラファンページからも、FB、Xへの投稿ができます!

→ https://syncable.biz/campaign/4818/reports/8225#menu

🌟「決意」と「希望」の学校!皆さまのご協力、応援、どうぞよろしくお願いいたします!ユナイト!💐

(※本投稿は、現地治安状況などに応じて編集などの可能性があります。)

🌷Dear Friends in Afghanistan. At this critical time, we stand by you. You are not alone. We are All United for PEACE!🍀

🌟クラファン10/31まで!チャリティご飯会「アフガニスタンの女性学校にユナイト!」実施!

🌷🌟緊急クラファン「女性たちの学校」!10/31まで!どうかお力を!https://syncable.biz/campaign/4818

🌟チャリティご飯会「アフガニスタンの女性学校にユナイト!」実施!ご参加、クラファンへのご寄付、そしてユナイト!本当に、本当に、ありがとうございました!

🌟厳しい女性教育制限下、女性たちが懸命に学んでいる「学校」についてのご報告と、お食事もご提供するイベント!https://syncable.biz/campaign/4818/reports/8105#menu 現地の「決意」、もたらす「希望」!届けさせていただきました!皆さまからの現地への思い、そして大きなお力をいただきました!たくさん、たくさんのご質問、コメント、励ましもいただきました!本当に、本当に、ありがとうございました!

🌟「女性たちの学校」クラファン完了10/31まであと2日!どうか皆さま、この「決意」と「希望」の学校へのご寄付、お力添え、お願い申し上げます!ユナイト!https://syncable.biz/campaign/4818

🌟クラファン10/31まで!「平和村村民」からの応援!☆藏田明子さん!~「女性たちの学校」~

🌟大変!大変です!当団体の活動にボランティアで関わってくださっている皆さま(「村民」と呼ばせていただいております!)のお一人、藏田明子さんから、厳しい女性教育制限下での「女性たちの学校」に応援メッセージ!ありがとうございます!ユナイト!☆クラファン実施中!10/31まで! どうかお力を!https://syncable.biz/campaign/4818

🌟藏田さんは、アフガニスタンを含むこの地域、また、ジェンダーにかかわる分野の研究者の方です。様ざまな形で、たくさんのお力をいただいております!写真は、千葉県松⼾市のアフガニスタンのドライフルーツのお店「アフガンサフラン」さまにて!

「このクラウドファンディングは、この学校に通う少女たちと、その希望をつなぐために命をかけている女性たちに、女性が教育を受ける権利も教育を求める思いも当たり前のものだと伝え、彼女たちを支えるものです。」

🌟涙…そして希望。下記、いただいた応援メッセージ全文!ぜひ、ご覧ください!

………………………………………………………………………………….

こんにちは、「平和村ユナイテッド」村民の藏田明子です!現在平和村ユナイテッドが取り組んでいる「女性たちの学校」支援を応援しています!

私はアフガニスタンと国際社会の関わりについて研究しています。私がアフガニスタンのことを研究し始めたのは2004年に大学院に入学してからで、もう19年が経ちました。なので、私がこの国のことを学び始めたのは、2001年9月11日にニューヨークで同時多発テロ事件が起きた後です。アフガニスタンのことを少しずつ知るようになり、過去のターリバーン政権下や紛争で女性たちが置かれた状況と、その状況を変えようと活動してきた女性たちの努力に感銘を受け続けてきました。

今の日本で女性が教育を受けられることが当たり前になる前に多くの先人の努力が重ねられてきたように、アフガニスタンでも女性たちは次の世代に教育がつながるように必死に活動してきました。以前のターリバーン政権下でも女子教育が制限されましたが、リスクを負いながら自宅で女性への教育を続けた人たちの頑張りが今の女性たちにつながっています。

アフガニスタンでは再び女性たちへの教育、社会・経済活動が制限されています。自分の親の世代では当たり前だった教育の権利が自分の時に奪われてしまうこと、兄弟にはある権利が自分たちにはないこと、様々な将来への夢が閉ざされてしまうこと、それが少女たちの心にどれだけ影響するか、想像するたびに胸が痛みます。また、アフガニスタンの社会としても、高等教育を受けた女性が次第に減るということは、女性の医師や確かな科学的知識を持った助産師の数が減っていくということです。男性医師が女性を診ることが難しいアフガニスタン社会で女性の教育が制限されることは、女性の健康の維持や安全な出産がさらに難しくなっていくことを意味しています。

「女性たちの学校」の継続は、少女たちの希望であり、アフガニスタン社会に生きる女性たちの希望となっています。このクラウドファンディングは、この学校に通う少女たちと、その希望をつなぐために命をかけている女性たちに、女性が教育を受ける権利も教育を求める思いも当たり前のものだと伝え、彼女たちを支えるものです。皆さま、応援よろしくお願いします!

………………………………………………………………………………….

🌟重ねまして、応援メッセージ、ありがとうございました!

🌟どうぞ、皆さま、「女性たちの学校」の活動へのご寄付、お力添え、よろしくお願い申し上げます!ユナイト!https://syncable.biz/campaign/4818

🌷Dear Friends in Afghanistan. At this critical time, we stand by you. You are not alone. We are All United for PEACE!🍀

🌟クラファン10/31まで!「平和村村民」からの応援!☆小池絢子さん!~「女性たちの学校」~

🌟大変!大変です!当団体の活動にボランティアで関わってくださっている皆さま(「村民」と呼ばせていただいております!)のお一人、小池絢子さんから、厳しい女性教育制限下での「女性たちの学校」に応援メッセージ!ありがとうございます!ユナイト!☆クラファン実施中!10/31まで! どうかお力を!https://syncable.biz/campaign/4818

🌟小池さんは、市民団体「WE21ジャパン」のスタッフ・理事として活動されていらっしゃいます。団体名の”WE”は”Women’s Empowerment”です!ユナイト!☆さらに、現地の服でユナイト!☆下記、いただいた応援メッセージ!「女性たちの学校を作りたい!と頑張っている先生と生徒たちの姿に、私は同じ輝きを見ました。」ぜひ、ご覧ください!

………………………………………………………………………………….

当プロジェクトの、女性たちの学校プロジェクトを応援します!

私が所属する団体、WE21ジャパンは、WEの名前の通り、Women’s Empowermentをポリシーにしています。私も活動の中で、多くの国で教育によって力を付けた人々が、自信を持って活動するキラキラと輝く瞳をみてきました。

そして、女性たちの学校を作りたい!と頑張っている先生と生徒たちの姿に、私は同じ輝きを見ました。彼女たちが力をつけることは、アフガニスタンの未来を変える、大きな力になります。

彼女たちの勇気あるチャレンジをぜひ応援してください!

………………………………………………………………………………….

🌟重ねまして、応援メッセージ、ありがとうございました!

🌟どうぞ、皆さま、「女性たちの学校」の活動へのご寄付、お力添え、よろしくお願い申し上げます!ユナイト!https://syncable.biz/campaign/4818

🌷Dear Friends in Afghanistan. At this critical time, we stand by you. You are not alone. We are All United for PEACE!🍀